カテゴリー別アーカイブ: 月曜

お金の支援

エッチしないでお金の支援って、夢物語のように感じるかもしれませんが、実際にはあるんです。
なぜ断言出来るか?って言えば、私自身がサポートしてもらっているからです。
セックスなし、デートするだけでお金の支援をしてくれる人は、確実に存在しているんです。

32歳、介護士をやっている女です。
ちなみに独身です。
好きで始めた仕事ではあるけれど、仕事内容の割には給料がとても安い。
これが難点でした。
安いアパート暮らしで、もちろん食費なども切り詰めて生活をしなければなりません。
正直こういう生活に、疲れを感じていました。
援助交際のように、エッチしなくてもお小遣いが貰える、そんな関係があると言うことを耳にして興味を持ってしまったのです。
デートするだけで、お金の支援してもらえる。
しかも年齢とか容姿とか関係ないと言うのだから、私にも可能ではないか?と思いました。
より良い出会い系を使えば安心して相手が探せることも分り、パパっていう存在を探してみることにしました。

やっぱり都合が良い関係なのですから、すぐってわけにはいきません。
これがエッチ絡みだったら、きっともっと早く探し出せるのでしょうけど。
都合が良い関係は絶対時間がかかる、そう考えながら地道に募集を続けてみたんです。
その成果が出るときがやってきました。
お金の支援してくれる人から、連絡がやってきたのでした。
支援してくれる人を探してたぽっちゃりな私が学んだパトロンの作り方

初回の待ち合わせは面接です。
これは食事抜きでした。
交通費は支給するということで、ダメ元で待ち合わせしてみることになりました。
ホテルのラウンジで待ち合わせして、ホテルの中にある喫茶コーナーでお話をすることになりました。
相手は弁護士をやっていると言っていました。
「とりあえず、一度食事に付き合ってもらえると助かる。その時に継続かどうか決めたいと思ってね。もちろんこの食事でも支払いをするつもりだよ」
とても前向きな言葉をいただけて、心が弾みました。

交通費と言うから、1000円ぐらいかと思っていました。
でも面接の交通費は1万円でした。
ただ驚くばかり。
だから1回目の食事は、何としても成功させたい気持ちを強めてしまったのです。

大緊張の1回目の食事でしたが、これがなかなかスムーズで良いものになってくれました。
パパの方も、ずっと柔らかい笑顔を見せ続けてくれてました。
そして、別れ際に「定期で時間を割いてもらえるかな?」って言葉が飛び出したのです。
目からうろこものでした。

無事にお金の支援をしてもらえて、生活が本当に楽。
美人じゃない私、年齢も重ねているけれど、優しいパパを見つけられました。
すぐにお金を稼ぐ方法
セックスせずにお金を援助

オナ電

 出会い系でオナ電の相手を探すのって、凄く合理的なんです。
もちろんセフレも探せるのですが、気軽でさっくりと気持ちよくなれるオナ電は、男にも女にも大人気。
出会い系なら、全国各地の女の子と知り合って、オナニーを一緒に満喫、快楽の共有ができます。
利用した人だったら分ると思いますが、オナ電用掲示板までありますから。
セフレより簡単に見つかる、オナ友探しの方が最近は好きになってしまったりしています。

 僕の年齢は25歳。
東北地方の某所で暮らしています。
最初はセフレを探そうと思って出会い系を利用したのですが、どうしても時間が必要になる。
セフレができるまでの、中継ぎとしてオナ電を始めてみました。
このオナ電なのですが、喰い付きがやたら良い。
それは、ハードルの低さなのでしょう。
無料通話アプリを交換すれば、匿名性を保ちながら完全無料で楽しめてしまう、これは男女共に大きなメリットですからね。

 自分が初めてオナ電した相手なのですが、九州地方で生活をしている29歳の人妻でした。
「凄いムラムラなんだけど、最近夫がかまってくれないからね」
「それじゃオナ指示出したげるけど、楽しみます?」
「うん、skype使える?」
エロイプでオナニー
「もちろんですよ、ID教えます」
スイスイのスイと、通話を決定できてしまったのでした。

 挨拶だけで、直ぐにオナニー開始になりました。
相手がムラムラしていると、面倒な駆け引きがなくて助かるんです。
この辺も、オナ電の良さではないかと思います。
始めての相手は、メチャクチャ感じまくってくれて、オナ指示の出し甲斐がありました。
何度もアクメ感じちゃうから、コッチも半端じゃない興奮で、イチモツを触り続けられました。
異性の声を聞きながら発射すると、1人でする何百倍もの快楽が得られるんですよね。

 まっ、通話相手とオナニーしながら、セフレを探すというのが、最近の僕のライフスタイルです。
エロイプ
オナ電

チクニー

彼氏からチクニ―しているとカミングアウトされたんですが、私、その時チクニ―って何のことか分からなくて、ポカンとしちゃったんです。
それで「何?チクニ―って」って聞いたら、彼が「知らないならいいんだ」と話をはぐらかしてしまって。
だから余計に、チクニ―って気になってしまって、家に帰ってから、チクニ―で検索したんです。
乳首への刺激で性的興奮をえる、オナニーの一種という解釈で間違いないですか?
なんで、彼がわざわざ私にチクニ―することをカミングアウトしたんでしょうか?
別にそんなこと、わざわざ報告されなくても問題ないですよね。
私たち、付き合ってはいますけど、まだセックスするような間柄ではないですし・・・
それとも、チクニ―するからセックスする時は、乳首中心に責めてねという意思表示だったんでしょうか?
裏垢
男の人って時々訳の分からない行動を取りますよね。
チクニ―するんだってカミングアウトをして、私に何を求めていたんでしょうか?
「チクニー?私もするよ!」みたいなポジティブな感想が聞きたかったのでしょうか?
「チクニ―なんてするの?」と嫌そうな顔をして欲しかったんでしょうか?
彼のそのカミングアウトの意図がはっきり分かれば、私だってちゃんとリアクション出来たんですけど、さっぱりその意図が分からないのです。
オナニーに関して言えば、私だって、そんな人様にみらせれるオナニーしてません。
特殊なオナニーと言ってもいいかもしれません・・・
パンツをワレメに食いこませて、上下左右に動かして刺激するという・・・ヒモオナに似たオナニーが好きなので。
乳首イキ
チクニー