22歳女子大生のline掲示板アプリ体験記

これは私がline掲示板アプリを使ってセフレを作り、そこからその彼と恋愛に発展した体験談です。

私は当時彼氏もおらず、また探そうと思う気もなかったので、ぼんやり大学生活を過ごしていました。
私はそれでも問題ないだろうと思っていましたが、友人から「待ってても男はこないし、そのままじゃ干物女になるよ?」と言われ、
さんざんお説教をされてしまい、このままではまずいと思いました。(笑)

その時友人からline掲示板アプリ?の「イマトーーク」というアプリを紹介してもらいました。
結局SNSでやり取りするなんて面倒だよ~と思い断ろうと思いましたが、このアプリではLINEのID、またはカカオIDを載せているだけで勝手にメッセージがきて、
その中でも気に入った人に返信すればいいだけの話らしく、それならまぁやってみるかとさっそくアプリを入れて投稿してみることに。
そしたら数分後にはLINEにメッセージの嵐・・・!勿論気に入らない人もいましたが、その中でもカッコいい人がかなり混じっていたりも。

それから気に入った人とは毎日LINEのやり取りをし、その中でも特に気の合った翔くん(仮名)とは、
Hな話もする仲になっていたので、お互いの承知の元で池袋で会うことになりました。
最初は「写真通りの人が来ないんじゃないか、騙されてるんじゃないか」と言った不安で胸がいっぱいになり、
待ち合わせ当日も「やっぱり今から断ろうかな・・・」と思ってしまったりもしました。
しかし約束してしまった以上は行かないと失礼だなと思い、思い切って待ち合わせ場所に向かいました。

当日待ち合わせ場所に来た男性は・・・写真で見た通り、電話した通りのそのまんまの翔くんでした。(笑)
私はホッとして、翔くんも「いや~騙されてて怖い男とか来なくて良かったよ!」と笑ってくれました。
その後は翔くんが手を?いできたので、特に予定も決めずにぷらぷらといろんなお店を見てデートをして、
夜は翔くんの一人暮らしのアパートにお邪魔することになりました。

もちろん、アパートに行ったからには私もそういう事を覚悟していたのですが、
アパートで呑んでいても翔くんは何もしてこず・・・結局お酒の力を借りて私から「しないの?」とそれとなく誘ってみると、
「えっ?会った初日で・・・?」とおずおずと聞いてきました。
聞くと翔くんはどうやら初めてらしく、結局その日は私がアレコレ教えつつ、行為に及びました。翔くん可愛かったです。(笑)

その日の内にお付き合いということもなく、まだ私は翔くんのことを完全に好きになれてはいなかったので、
何度か体を重ねていく内にお互いセフレという感じに・・・。
その内にだんだん純粋で可愛らしい翔くんに惹かれていってしまい、お付き合いする形になりました。

line掲示板アプリは使い方を間違えると、事件が起こることも、もちろんあります。
ましてや未成年がやることはあまりオススメしません。良くない男の人がたくさんいるのも事実です。
しかし、それをちゃんと見極めて使える人には、ちゃんと良い出会いのツールとして活用できると思いますよ。

軽い気持ちでline掲示板 アプリを使用するのではなく、シッカリと自分の考えを持って使用することをオススメします。
それがちゃんとできれば、きっと私のように良い出会いが得られるはずですから。

19歳男子大学生のLINE掲示板体験記

LINE掲示板ではエッチな出会い募集もあるけど、断然多いのがふつーに友達募集。
まずは友達から始めましょうってことね。
その考え方、僕は全面的に賛同しますよ。
だって出会いって言ったら最初はやっぱり友達からでしょ。
それには気軽に出会えるLINE掲示板が一番オススメだと思う。
何より、色々な出会い系サイトよりも軽い感じがいい。
その軽い感じがリスクだという人もいるけど、そんなの自己責任。
ちなみに僕がLINE掲示板を使って出会ったのは同じ年の19歳の女の子。
最初はそのスタンプいいねって何気なく軽い話から始まったんだけど、同じ年だってわかってからはもう、盛り上がりまくったね。
こういうのって何か一つでも些細なきっかけがあるとそこから急に話が盛り上がるじゃん?僕たちもそんな感じで急に距離が接近した。
元々がLINEでのやりとりをベースにしているので、パソコンでのメールやケータイのメールのやり取りよりも仲良くなった気になるんだけどね。
彼女ともLINEでさんざん盛り上がって、なんだか昔からの友達のような、そんな気になってきた。
だから、フツーに、「今度遊びに行こうよ」ってLINEしたら「いいよ」って速攻返ってきた。
実際に会ってみて、デートしてみてどうかだね。
それで楽しかったら付き合っちゃうかもしれないし、今のままが良かったら、そのまま友達を続けるし。
別にエッチな関係を求めているわけじゃないし。
言わば、刺激だね。
新しい人との出会いに刺激を感じて楽しくなるのさ。